色彩表現

IMG_1562_20090406121114.jpg
IMG_1568_20090406121114.jpg
IMG_1564.jpg

最近、色を使った模様をやっている。
この上に透明釉を掛けて本焼成するのですが、どういう発色をするのかよく分からないので、写真を撮っておいた。
この絵の具は染め付け用の絵の具である呉須(ゴス)でお世話になっているK絵の具店製ですが始めて使った。
所謂、釉下彩=下絵付けで、素焼き素地(磁器土を800度ほどで焼いたもの、釉を掛けて1280度ほどの本焼成をして製品に仕上げる)に描く。
これから本焼成ですが、焼き上がりを見て、釉を掛けて本焼成した後に描きもう一度低温で焼き付ける上絵付けを始めるか、染め付けと同じ感覚で出来る釉下彩を続けるかを決めようと思います。

色を使うと、自分にしては割合シンプルになるのが不思議です。
私は、染め付けや彫刻など、モノトーンの技法でやると、いろいろ細部が細かく入り組んだものをやりたくなるようです。

そういえば、昔二〇代に、油絵で100号もある大きな絵をかいていましたが、その頃は、出来上がるときは、画面にあった余計な部分を塗りつぶして、要素を絞って出来あがる事が多かった。
日本画家の母によく「前の方(いろいろゴタゴタ画面にあったときの方が)複雑で面白かった」と言われていましたが、自分は「チョンモリまとまっているのが好きなんだ」と意に介さなかった。あまりにとりとめなく見えた当時の現代美術への反感もあったと思う。

二〇代の油彩をいくつか。
今見ると、あまりに無防備で素人臭く、全然評価されなかった理由がよく分かって痛い。

「何かつかんだな」と思うと、何か貧乏くさくなるというか、華麗なところが一つもなくなることを宿命のように思っていた記憶がある。

現在もあまり変わっていない気がする。

「海辺の犬」2m60cm×2m油彩、キャンバス
海辺の犬

「バカ息子」2m50cm×180cm油彩、合板
Image-772A6EA3B9FD11D8-1.jpg

「ゆーことゴムの木」100号S 油彩、キャンバス
Image-772A4348B9FD11D8-2.jpg

「ママしむら」100号F 油彩、キャンバス
Image-772A1940B9FD11D8_20090406121115.jpg

「人垣」大体2m×80cm 油彩、キャンバス
Image-772A515AB9FD11D8_20090406121115.jpg



下の2点は優れた美術家でもある友人二人が買ってくれた作品です。
随分昔ですが、ありがとう。とっても勇気がでました。
あんな大きい絵を借家で持っているだけで大変ですよね。

亜欧堂田善 約180c×1m 油彩 変形キャンバス
Image-7736D104B9FD11D8_20090405205326.jpg
君子 100号F 油彩、キャンバス
きみこ



スポンサーサイト
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:21 

第40回TIAA全日本クラシック音楽コンサート

tiaa065.jpg

家内のフルーティスト鈴木祐子出演のコンサートです。
音源審査通過者によるコンサート形式のコンクールですので、真剣な演奏が楽しめるかと思います。
(結果は後日発表)

第40回TIAA全日本クラシック音楽コンサート
2009年5月3日
開演13時30分(開場13時)
東京・サントリーホールブルーローズ(小ホール)
〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1
TEL:03-3505-1001
[南北線]六本木一丁目駅(3番出口)徒歩約5分
[銀座線・南北線]溜池山王駅(13番出口)徒歩7~10分

全席自由 前売り4000円 当日4500円

チケットお問い合せ
東京国際芸術協会 03-3809-9712
東京音楽院 03-3822-7412

ですが、ノルマがありますので右下のメールフォームから当家にご連絡くださると、非常に助かります。
(チケットをお送りしますので、会場の鈴木厚に当日清算)



家内の曲目は
スパーク作曲
リンディスファーン・ラブソディー
ピアノ:河上薫
午後3時頃からの演奏予定ですが、棄権者が出ますと早まるので、お早めに。

最近の家内の演奏は、以前の歌うことに重点を置いた多分に天分と人柄におっているような天真爛漫な感じに加えて、より引き締まったスタイルになり、奥行きと情報量が増したように聞こえます。
本人の努力もさることながら、非常に才能あるピアニスト河上薫さん(ジャズやレゲエまでも演奏する視野の広さがあります。リトル・ルガンスキー?)との出会いが大きい。


テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Tag:鈴木祐子  Trackback:0 comment:4 

色彩表現の結果

IMG_1709.jpg

IMG_1780.jpg
平茶碗
IMG_1671.jpg
小皿
IMG_1826.jpg
平茶碗

先日、アップした下絵付けの本焼成を終えました。
この間の状態に、石灰透明釉を掛けて、1275度(SK9完倒)で還元焼成(不完全燃焼)。
予想以上に色がでて、嬉しい。
透明な釉のガラス層の底に色が発色しています。
自分の作品にしては随分と見やすい。

下絵付けにするか上絵付けにするかで迷っていましたが、断然、下絵付け(釉下彩)に決定。

IMG_1813.jpg
IMG_1806.jpg
ぐい呑み
上のが下絵付け(釉下彩)の最初。今までの染め付けにただ色をのせただけの感じ。
下のは二つめ。
少し、様子がつかめてきた。単純な仕事ですが、色を感じ始めてはいる。ただ、まだ2色しか使えていない。

以下同じ窯の青磁と染め付け。
青磁はいつもの自作の木灰だてに変えて鉱物質の釉を某所で購入して使用。
意外に良いが、磁土が瀬戸のもので蛙目粘土(チタン分がある)が入っているためと思うのだが、微妙に灰色がかっている。
しかし、安定しているし魅力的、これからはこの方向の釉でも制作してみよう。

染め付けは、いつもの昔風の鉄分やマンガンが多く含まれていると思われるものでなくて、
色の安定した高性能のゴスを使っている。
自分的には細かい線が描いたと同じに出てくるので、こっちでも良いと思うのだが、家内に「厚さんの絵は、ただでさえ強いのに(ぎらついているのに?)こんなに色がハッキリ出てはウッと来てしまう」と言われた。
いつものゴスは、多少筆が引っかかる感じがして描きづらい上に、ムラが出やすいが、釉への滲み方に良い表情があって気に入ってはいる。

(染め付け平茶碗、角皿、カップ・ソーサーなどはお納めしてからアップいたします。)

IMG_1846.jpg
青磁小皿
IMG_1726.jpg
染め付け小皿
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:9 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる