スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

私の彫刻写真帖ー岩野亮介ー

おひさしぶりです。
多少忙しいというか、のろまな自分としては、2月末までに染め付けカップ・ソーサー12客と茶碗と角皿5枚はは恐ろしいノルマ(失敗を想定して、カップとソーサーを一点づつと考えると60点程になる)で、思いっきり働いてかなり疲れています。
先月末、どうも頭の調子がいまいちで、月末まで優雅に寝ていたのが響いています。



iwano060.jpg




ところで、本日は小生の友人の作品集を紹介します。
彼は、彫刻家ですが、最近は自作の等身大のリアルな木彫を街中や田んぼなどにおいて、写真を撮りそれを作品として発表しています。
知る人ぞ知る鬼才と恐れられています。


作品はこちらから。
http://homepage.mac.com/atsushi_sensei1/aoneko/ryousuketen.htm
http://homepage.mac.com/atsushi_sensei1/mumei/#iwano


岩野亮介
「私の彫刻写真帖」
A4判モノクロダブルトーン
99ページ
3500円
彩樹社発行

ご注文は
03-3947-1021星雲社まで。

是非買って下さい。損はさせません。




岩野さんは同い年の古い友人ですが、同じように成功した彫刻家の2代目という事で何となく気が合います。
ちょうど20年ほど前、亡父鈴木実は、大腸癌を切ったが、個展を控えていて、退院後ほどなくかなり無理をして開いたのですが、岩野さんのお父さんの岩野勇三先生(私の恩師でした。父と同世代、同じように美大を卒業しておらず、テクニシャン、何だか父同士は張り合っていたようであった。)は来なかった。
ガッツでこぎ着けて割合評判の良かった個展閉幕後、父は「あの野郎来やがんない。」とご立腹の様子であったが、しばらくして突然に先生の訃報。

全く知らなかったのだが、聞くところによると、先生は、ちょうど同じ頃、同じように(肺)で闘病していたが、そのまま帰らぬ人となったということ。確か56歳だったと思う。
亡父はさすがに真顔で「死に神はオレのクビをなでて、岩野さんの所にいったな」と妙に詩的なことを言っていた。
長男の岩野亮介さんは20代後半の若さであった。

その後、何となく岩野亮介さんに心引かれていた自分は、自作の作品集などを持って、岩野亮介さんのアトリエ(元岩野先生のアトリエ)を訊ねたりして強引に友達にしてもらったのだが、その頃、一応慰めるつもりであったのだが、次のような暴言を吐いたことがあった。
「目の上のたんこぶが、早いとこ無くなって良かったじゃないか。」と。
彼は、伏し目がちな人であるが、ふっと目を上げて自分の目を静かに見つめかえして小さなため息をついて無言のまま、また目を伏せた。

ちなみに、仲が悪くなりつつあった自分の父にも公平?に「良い人から先に、死んでしまう」と暴言を吐いておいたが。

20年近くたって、今度は自分の父が嫌な死に方をしたが、売れもしない大きな彫刻にかかる相続税(物納は不可)の処理のことについて岩野亮介さんに随分相談に乗ってもらった。
上手く処理しないと、うちの場合は財産放棄しなくてはならない。
長男であった亮介さんは27~8歳でその任に当たった訳であるが、40代前半の自分にも途方もないストレスであり、やっと彼の当時の苦境が分かったわけである。
そのどさくさに、かれに
「オヤジの存在というのは、死ぬと、かえって、でかくなるんだな」
と愚痴ると、なんの屈託もなく、
「そうヨ。」
と一言。

上手く伝わったかどうか分かりませんが、彼はとっても人間が大きいです。

ちなみに二人とも、お坊ちゃま風のイメージを裏切るスモーキーな遺作の処理をして、金銭的には致命的なダメージを受けずに切り抜けました。


そしてなぜか二人とも、現在は彫刻を作って見せて勝負するということから違うところに創作活動の場を移してしまっています。






スポンサーサイト
テーマ : アート
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:美術・彫刻・絵画  Trackback:0 comment:16 

ジャコを捕まえる



20数年前、大学を卒業して数年したころであったころだと思うが、ベーシスト・ジャコ・パスとリアスとギル・エヴァンスオーケストラのジョイントのコンサートが読売ランドの野外ステージであった。(ライブ、アンダー、ザ、スカイ)
それに、友人の建築家二人と出かけた。
その時の映像かと思われます。
コンサートは、ジャコのベースの音がやたら固い音でビンビン耳につき、当時はギル・エヴァンスのファンだったこともあってそれほど感心しなかったというか、よく分かりませんでした。

コンサート後、ガラス片の散らばる坂道の下り坂を奇声を発しながら裸足、半裸で疾走する天才ベーシスト(一服きこしめしていたのかもしれない)をどういうはずみか、友人と2人と、追いかけてしまい、追いかけ始めると犬と同じで食いつくまで、止まらなくなるのが人間で、かなり走って捕まえたものの、食べてしまうわけにもいかず、嫌がるジャコを無理矢理タクシーに押し込んで、都心のホテルまでお送りしてしまったのが、何とも言えない変な思い出です。

車中、「you are murder.(お前らは人殺しだ)」とか、悪態をついていましたが、全然恐ろしくも気味悪くもなく、ムスッとしていても妙に可愛らしく、割と普通の人という印象でした。
顔色は相当悪かったですが、あまり大きくもなく、目の離れた肩幅の広いショーケンと言うような人相でした。
お近づきにと、「you are artist.I am artist too.」と言ったらば、ジャコと、ユ*ワ君二人同時に「フン!」と同時に鼻で笑われてとっても恥ずかしかった。
意思の疎通は、自然と*ガ*君ということになりました。
*ガ*君は英語が上手い。
彼だってずっと日本にいたし、英語が堪能になる機会もそんなになかったはずなのに、同じ高校を卒業したのに、聞き取る能力、ボキャブラリーに私とは差が歴然で、人間というのは能力に差があるものなだなーと当たり前のことを痛感させられたのもこの時の痛い思い出です。
到着後、あらかじめ連絡してホテルで待ち受けていたスタッフからタクシー代をもらって帰途につきました。

その後程なくして、ジャコの死を知ったわけですが、普通に見えてもあの時既にかなりまいっていたに違いない、人間は普通にパッとすぐ死ぬんだな、とつくづく思いました。


そう言えば、そのときだったか、違うときだったか、コンサート前に悠然と読売ランド内を散歩するギル・エヴァンスを見つけ、かけより「I like your music very much.」と言ったらば、嬉しそうな顔で「サンキュウ」と言って大きな手で握手してくれたのは、心温まる良い思い出です。

参考
島尾敏雄「春の日のかげり」
テーマ : 音楽
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:音楽  Trackback:0 comment:6 

OMONMA TENT小品展のお知らせBUY YOUR 1ST "ART"

BUY YOUR 1ST "ART"

茨城県取手市小文間のギャラリー、カフェ「OMONMA TENTO」で小品展開催中です。
銀は、新作ではないですが、小物ばかりですが、20点ほど器などを展示、販売しています。3000円~

カフェでは銀窯のコーヒーカップで美味しいコーヒーが飲めます。

三島手で著名な金田鹿男先生(日本伝統工芸会正会員)の器、杉山啓子さんの版画も展示中です。
お近くの方は是非どうぞ。

もし、いらしてくださったらば、カフェから連絡してもらってください。
多分家にいるので、即、参上いたします。

3月16日まで
火曜定休日
11時~18時
アクセス等はこちら
http://ginyou.blog123.fc2.com/blog-entry-115.html


IMG_1186.jpg
テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:展覧会・展示会情報  Trackback:0 comment:2 

この頃の私、万年カナ、花粉症目薬

カップ・ソーサー

ずっと、ご注文の染め付け磁器の生地を作っていました。
カップ&ソーサー12客分ですが、いろいろな形のご注文で5タイプあり、失敗を考えて30客分作りました。他に平茶碗をいろいろな形で20数個、お猪口8個、角皿11枚作りました。
今回は、いつもより薄く仕上げたし、いろいろ考えて作ったこともあり、えらく時間がかかってしまいました。

ロクロの毎日で一日10時間も働いたせいで、関節痛、頭痛、筋肉痛、花粉症でかなり状態が悪く、しかも3月初旬納品のはずがまだ、素焼きもしていなくて当然いく義理の愉しそうな展覧会、演奏会全てパスしています。
焼き物屋になって不義理な男になってしまった。

カンナ

ちょっと前、削り(水挽きした器を触っても大丈夫な状態まで乾かして逆さにシッタとよばれる台の上に置いて、ロクロで高台を削り出し薄く仕上げる仕事)のための超硬カンナ(有田では万年カナということを洒落陶さんに教えていただきました)を研いだ。
今回は、据え付け式の両頭グラインダーのグリーンカーボンで鋭角(手の研ぎで仕上げると彫刻刀のように軟鉄と鋼が鍛接していない固い鋼一枚の刃だから、砥石の上で安定せず丸く研げてしまうだろうから)に荒研ぎ、セラミックの中砥で手で水砥ぎして仕上げる。
以前は水が自動的にでる低速回転中砥マシーンで仕上げていたがもう一つ切れず、切れなくなると業者に出すというのが一般的とのことで自分の研ぎでは大して切れないだろうと諦めていたのだが、今回中砥マシーンが壊れて使えないし、関東では業者も見つからず、I久などに出しても高くて時間がかかりそうなので、木彫家時代に買ったベスターという商品名のセラミック中砥700番と1000番で手で研いで仕上げると相当切れるようになった。
フワフワと削りくずが薄く、木材にかける台がんなが上手く調整できたときのかんなくずと同じ感覚で出てくる。所謂カンナが笑うという刃がガタガタ踊って痕が表面に残る苦労もほとんど無くなった。
やはり、回転中砥マシーンだと低速で水をかけながらでも超硬の合金でも摩擦熱が微妙に刃先を痛めるような気がする。鉄の刃物ではてきめんだ。
そう言えば、木彫家時代に良く出掛けた打ち刃物の知識に関しては日本一といわれるT田刃物店に一年に一度カンナを研ぎに出す磁器の作家がいるというのを聞いたことがある。

写真左から3ホンは超硬カンナ、右から2番目は、自作の鉄のもの(幅が広くて厚い鉄の板を大築熔炉で購入してきたのですが、重みがあって安定していて使いやすいです)、一番右は出来合いのもので、小生はシッタを加工するのに使っています。

超硬カンナ研ぎでは元木彫家だったことが、ほんの少し生かせて嬉しかったです。

ところで、全然関係ないし下らない話なのですが、ここのところ花粉症で苦しんでいて、目が潰れそうに痒いのですが、不機嫌な顔をしていると、家内が目薬片手にノシノシやってきて、哄笑とともに、小生の頭をガッと掴んで目薬を強制的に注入するのですが、これが滅茶苦茶痛い。
自分で同じ目薬を差してもしみないのに、同じものを他人に注されるとしみて痛いということを発見しましたが、皆さんご存じでしたか。

テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:8 

春のコンサート

鈴木祐子出演の演奏会のお知らせです。

取手市音楽家協会 春のコンサート
主催:取手市音楽家協会 後援:取手市、取手市教育委員会、(財)取手市文化事業団

★2009年3月15日(日)

・14:00開演
(開場13:30)
・取手市福祉会館小ホール
(取手市民会館隣)

◎チケット  一般1,000円 
高校生以下 500円

★取手市福祉会館小ホール
のご案内
・取手市東1-1-5
TEL.0297-73-3251
・取手駅東口より
徒歩約15分
・取手駅東口より
バス2つ目

◆チケット・お問い合わせ
・取手市福祉会館
TEL.0297-73-3251
・取手市音楽家協会TEL.0297-78-5191
(安本)
及び右のメールフォームからどうぞ!


曲目等はこちらで。
http://homepage.mac.com/atsushi_sensei1/onkyou/Personal156.html


100席ですのでお早めにチケットをどうぞ。

大人数ですが随分マジメに練習しているようです。

「ようです」というのは、以前は、小生もPA装置を担いででかけ、ジャーマネと間違われたりして一緒に仕事をしているようで、共演者にも随分と仲良くしてもらったのですが(グラマーなHさん、機知に富んだMさんお元気ですか~会いたいよ~)この頃は、音楽家仲間だけでよろしくやっています。
時々、我が家でも合わせをしているんですけれどね。
前は、奥さんを助けるステキな旦那様という扱いでしたが、今は、旦那を上手に使うステキな祐子さんという感じです。

少し専門家らしい感じになった、鈴木祐子の演奏を是非どうぞ。

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

Tag:鈴木祐子  Trackback:0 comment:4 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。