最近の私、7月の窯

風邪で随分と時間をロスしてしまい、秋から正月にかけてお座敷が連続するので、ずっと必死に集中していました。
その中での先月の旅行後の窯です。

染め付け磁器ビヤタンブラー
IMG_0262.jpg

灰青磁の酒杯
IMG_0268.jpg

2寸ほどのチビ恵比寿、染め付け磁器一品物です。
IMG_0274.jpg

染め付き磁器恵比寿、これも一品物、普通に磁器粘土で作り、中をくりぬきます。
IMG_0227.jpg
同正面
IMG_0278.jpg

荒い信楽でイラボ湯呑み
IMG_0231.jpg

灰釉の酒杯、いつもは磁器素地に鉄分を混入しますが、これは万古の生地です。
IMG_0286.jpg

今回の窯のメイン、大水鉢。径が60cmほどあります。
IMG_0246.jpg
大水鉢細部。灰とカオリン多いです。
IMG_0250.jpg


スポンサーサイト

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:0 

五嶋みどりさん、素晴らしい音楽家。

五嶋みどりさんを聞くと、素晴らしさに圧倒もされるのですが、この人ってとっても性格が良いんだろうなと思ってしまいます。
とんでもない才能だろうに、繊細に謙虚に頑張っているところを見ていると涙出てきちゃいます。
CDはあまり多くはないのですが、8割方そろえました。




こっちは偶然発見した、Silvia Marcoviという人です。
昔の人(ん1969年ロン=ティボー国際コンクールで1位無しの2位、3位は佐藤陽子さん)みたいですが、深々とした音でろうろうとソウルフルにうたって素晴らしいし、古くさくないし、グラマーな物凄い美人だし、一時まとめめてyoutube見ていました。
ただ、沢山聞くとあまりに安定しているというか、確信に満ちていて、お友達になってくれそうもない事が分かってきて、寂しくなってきました。



Tag:音楽  Trackback:0 comment:5 

実ほど頭を垂れる稲穂かなー父の死についてー

IMG_0314.jpg




風邪で仕事が大幅に遅れてしまったので、籠もりっきりで働いていましたが、本日、家内の留守のために子供の飯を作ったりしていたらば疲れが一挙に出てきたので、働くのをやめて田んぼに久しぶりに子供と散歩に行きました。
もう、稲穂がしっかりと育っているのですね。

「実」ほど頭を垂れる稲穂かな

で、父鈴木「実」作品を論文の対象にしたいと、少し前になりますが顔見知りの彫刻家の教官ともに某国立大学大学院の学生がやって来ました。
父の遺作を見たいと言うことで倉庫の中を見た後、私の汚い仕事場に成り下がったアトリエにたたずみ、何かの幻影を見るかのように感慨に耽っていましたが、平たく言えば気持ちの良い若者3人で、すぐに丁寧な礼状までもらいました。

知っている方も多いかと思いますが、父である木彫家鈴木実は7年ほど前に縊死しております。
父のことが話題になりますと、今でも自分が非常に緊張するのを感じます。
身が固くなり、イヤだな~という感じです。
このイヤだなーという感じは、親を自殺でなくしている人間にありがちだろう罪悪感からか、それとも同じ美術家でかなり高名(死んだときに、新幹線のテロップで流れたとか、、)の父に対するコンプレックスなのかよく分かりませんが、酒を飲んでいたりすると、いきなり机を叩いて怒り狂うというようなこともまれにあります。
普段の自分は、過適応という位の人間なので、学生さんには豪華版の父の回顧展のカタログを進呈し、にこやかには応対しましたが、一応、教官の方には父の首をつったアトリエ内の現場を見せて、「これが首つりのロープをつった金具を刺した穴ですよ、写真を撮っておいたらいかが?」と勧め、教官が動揺するを見て楽しんではおきました。
彫刻家の特長かと思いますが、無邪気というか、無神経というか、平気で自殺者の遺族である私の前で、父の話をする人が多いです。
あるいは、彫刻界の有名人というのは、生身の人間でなくて、抽象的な歴史上の人物になっているから、話題にするのに抵抗がないないのか。。
まあ、遺族の顔を見れば話さずにはおれない、カリスマ的人物であったということでしょう。
しかし、木彫からは逃げ出したものの、自分が父が縊死した家で、平気で普段は割合陽気に暮らしていられるのは、(幼なじみのユビキタスタジオの社長は奇跡だと褒めてくれました)あるいは、彫刻家に限らず著名人没後しばらくは必要に迫られて遺族がつきあわざるをえない関係者の皆様の多くがが遠慮なく父のことを話題にするので必死にそれに対応することで自分が回復してきたのかもしれないと思うこともあります。
父の私生活の癖や、女性関係について面白おかしく話して受けると、やっぱり嬉しくて多少元気が出ました。
厚さん話がうまいですねなんて褒められてね。。。
自分が相当鈍いパープーだからだという気もしないでもないし、家内のおかげも勿論ありますし、近所の人がごく普通に我が家に接してくれていること、また、売れないのに遺作にかかってくる相続税やかなりの借金で危機一髪でしたが、家や作品も結局相続できたた事も大きいとは思いますが。。
取手の取手アートプロジェクトがもっていたギャラリーでの展覧会の為に書いた文章を上げておきます。
この文章は、いろいろのこと、例えば罪悪感であったり、コンプレックスだったりを種に一席という感じで書きましたが、書き上げたときは悪い気持ちはしなかったです。


「 自分が子供のころの父は、近所のこども達を集めて遠足に連れて行くような陽気なアンちゃんだった。今思えば、そのころの父はすで院展その他で一目置かれる才人ではあったようなのだが、芸大出の日本画家で張りつめたような顔で絵を描いている母の方がはるかに神秘的な人に思えた。自分が中学に上がるころ、1970年代始めに「顔を替える人」が出来た。

この頃より彫刻の森美術館の企画展に呼ばれたりと急に有名になり多忙になった。父自身も「とうとう見つけた。死ぬまでこのスタイルで行く。」といったようなことを言っていた。続けて、「記念撮影」、「傍観者」といった傑作が続き、父は自信に溢れ、実に楽しそうに制作に打ち込むように見えた。父を尻に敷いていた感のあった母も「もう少しで、世界の名作になる」と太鼓判だった。今見ても、あの頃の数点は、それまでの彫刻とは全く違う70年代ならではの感覚がもられた、しかもすぐれた彫刻にしかない豊かで大らかな実りを感じさせる傑作だ。
山形の農家に生まれ旧制中学しか卒業しかしなかった若者が一流の芸術家として世に認められていくドラマのあった家庭は生活が年々豊かになっていく実感もあり、一人息子にとって誇らしく楽しいものであった。
 しかしその後、ますます名声が上がるにつれて父が制作を楽しそうにやっているということがどんどんと減っていき、辛そうに仕事をするようになった。代表作といわれている「家族の肖像」もなんだか気に入らないようなことを言っていた覚えがある。
明るかった鈴木家は、名声の副産物である若い愛人の出現で陰りを帯び、母は鬱病になった。
再び、かつてのように楽しげに豊かな彫刻を苦もなく作り始めたように見えるのは、神経を延々と病み続けた母が1998年に死んで一人きりになった父が非業の死を迎えるまでの数年間だ。この展覧会に出品された「K・遙かなる彼方へ」はこの鈴木実最晩年の充実を代表する一点である。」

鈴木実作「K・遙かなる彼方へ」

minoru050.jpg

合掌


Tag:つれづれに  Trackback:0 comment:0 

子供と一緒に縄文土器を見に行った

IMG_0326.jpg
IMG_0324.jpg

今日も仕事をしていたところ、自分が非常に疲れていることを発見し、勉強中の長女と次女を無理矢理連れて、近所の考古資料館に行って参りました。
これは、我が家の近所の貝塚で出土した物ですが、素晴らしい。
同じようなのが、日本全国どこでも出ているようですが、どうしてこうほとんどの物が楽しげに作られているのだろう!
「おんなじツボチン、いわきでも見たよ」と次女。
縄文土器は器に模様をつける仕事を始める前はそんなに素晴らしい物と思わなかったのですが、やってみると、実に素晴らしい。
器の形も素晴らしく見えますが、その形の上に模様がただ乗っているのではなくて、器形と模様が同時に不可分に一つの言葉として生まれている感じがします。
また、縄文人の遺伝なのかもしれないし、あるいは誰でも思いつくシンプルな要素を組み合わせているからかもしれないし、そのあたりは良くは分からないのですが、この模様ははよく知っているものなんですね。
生き生きと出来るかどうかは別として同じような模様がすぐ出てくるのですね。

縄文土器の後は、図書館で沢山の児童書、中国の青磁、染め付けの画集を借りて、そのあと、公民館のホールで、3人でペチャクチャしやべりながらジュースを飲んで帰りました。
疲れが、午前中に感じた不愉快な感じでなく、寝れば直るだろうなという感じに落ち着いたので、良かったです。

そういえば、小4の長女が朝、「パパは中途半端という物が出来ないからいけないんだ。模様をつけ始めたら、付けすぎちゃうし、付けないと、チョビットしか付けなくて寂しいし、渦巻きとか、良い感じに、全体にさらっと付ければ良いんだよ」と鋭いというか、常識的というかイヤなことを言っていましたが、「中途半端が出来ない」と言う言い方がちょっと面白くて小生への思いやりも感じてちょっと感心もしました。
まあ、言っていることはよ~く分かるけれど、いわゆるバランスの良い仕事は陶芸家の方がうまいだろうからね~

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:8 

岡部嶺男展に行った

今日は、仕事を休んで、家族で笠間の陶芸美術館で岡部嶺男展を見てきました。
個人的には、ごく初期1953年の青織部唐人傘花生と言うのが繊細で無邪気で好きでしたが、「岡部さんらしい安定した作風の作品をちゃんと勉強しなくてはオラ、ホントにお終いだ」とがんばってカタログを購入して帰りました。

帰りに、道で掘っ立て小屋のお値打ち八百屋を見つけましたが、その横に養鶏場があって卵直売所前の小屋で立派なクジャクが飼われていました。
さすが養鶏場鳥を飼うのは専門家で、物凄く元気そうでした。
つがいのようですが、雄が雌に羽を広げて見せているのに、雌は雄の羽の下をくぐって雄の後ろに逃げてしまいます。
がんばれ、クジャクの男。
と思っていたら、家内は、雌がかわいそうと雌に同情していました。
どういう意味だ?(笑)
IMG_0416.jpg
IMG_0407.jpg

往きのラーメン屋での寸暇を惜しんでの読書。
長女、ハリーポッターと不死鳥の騎士団
小生、好色一代男
IMG_0365.jpg






テーマ : 陶芸
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる