スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

やねうら画廊個展出品作

リンクで済みません。
>>>
スポンサーサイト

Tag:陶磁器  comment:0 

個展のお知らせです。

鈴木厚陶磁器展 〜人間の器〜
2016年11月22日(火)〜12月2日(金)
11月28日(月)休廊
午前10:00~午後5:00
染付 秞下彩 上絵 青磁 掻落 


やねうら画廊
茨城県取手市取手2-13-35
田中酒造店 店舗二階
TEL:0297-72-0011
https://www.facebook.com/yaneuragarou/

DM表
dm宛名

Tag:陶磁器  comment:0 

陶芸家鈴木厚 新HP作りました。

私の新ホームページの紹介です。
長く、MacのiWebで編集していたのですが、もう何年もアップデートがなくサーバのfc2と相性が悪くなって更新できなくなったばかりでなく、リンクの表示が何故かなくなってしまった箇所もあります。
よって、ネット上の無料HPサイトで新調しました。
覗いてみてください。

こちら>>>>>>


DSC_9256 (1)

Tag:陶磁器  comment:1 

鈴木厚作陶展〜新しき器〜終了しました。

鈴木厚作陶展〜新しき器〜
終了しました。
ご購入、ご来場の皆様、またFBなどで応援してくださった皆様、誠にありがとうございました。
今回は、高島屋の意向で、展示後に内容が不適切であるとして出品停止となった作品が10点近くあり、みなさんの御支持はいつにもまして有りがたかったです。
また、不良作家を会期中、いつもと同じように暖かく支えてくださった、関係者のみなさんにも感謝します。
公共空間でない所での表現の自由はどうあるべきかは、これから、法律や美術のあり方などいろいろな方向から、じっくり研究するとします。
ところで、デパートでは、猥褻及び政治的表現が引っかかったわけですが、
同じ時期取手市営の施設ウェルネスプラザのギャラリーで取手市、市教育委員会、地元作家グループ主催の「とりび展」にも、おなじような内容のエロポリ鉢を出品していました。
当然、公共のギャラリーですから、評判は悪くても撤去にはなりませんし、そんなことがあってはなりません。
藤井市長、教育長も別になんの反応もしませんでした。
しかし、「とりび展」にエロ鉢出品後、1つだけ、しまった〜と思ったのは、中2の次女が所属する美術部が、ギャラリーツアーで見学に来ることが分かったときでした。
彫刻家の一人息子であった自分は、小学生時代、近所の悪童に「お前のお父さん、お母さんの裸の彫刻作っているんだろう!!と冷やかされて、いたくキズついた思い出があって、次女も恥ずかしい思いするだろうな。まずい。いじめられるかも知れない。
しかし、しかし、
先日、やや意を決して、次女に「パパの作品、エロくて恥ずかしくなかった?」と聞くと、
「全然。慣れてるし」
「みんな、なんて言ってた?」
「オーッて、ガン見していた」とあっけらかん。
父親に気を遣っている様子もないし、拍子抜けと感動でした。
鈴木家と日本の未来は明るい。

以下7枚、高島屋個展出品拒否の新作大鉢 径37cm
DSC_0695.jpg
DSC_0699.jpg
DSC_0697_20160705102519284.jpg
DSC_0696.jpg
DSC_0694.jpg
DSC_0693.jpg
DSC_0692.jpg

以下6枚、とりび展出展の「戦争と平和の鉢」径23.5cm
DSC_7001.jpg
DSC_7000.jpg
DSC_6999.jpg
DSC_7002_201607051025524f3.jpg
DSC_7003.jpg
DSC_7004.jpg

Tag:陶磁器  comment:1 

あす、28日最終日です。

明日28日が最終日です。午後5時閉場です。日本橋ではなく新宿高島屋10階です。jrミライタワー口が便利です。
常に変化し続ける銀窯鈴木厚の「今」を見逃さぬよう、皆様是非ご来場下さい。
以前リンクしたアルバムですが、かなり写真を足してありますので、覗いてみてください。

Tag:陶磁器  comment:0 

鈴木厚作陶展=新しき器=出品作

また、後日追加致します。

鈴木厚作陶展 〜新しき器
2016年6/22(水)〜28(火)
午前10時〜午後8時 ただし、24(金)25(土)は午後8時30分まで 最終日は5時閉場
新宿高島屋10階ギャラリー暮らしの工芸
全日在場致します。

Tag:陶磁器  comment:0 

次の個展の準備中です。

青白磁の紋様を彫っています。ここのところ、テキスタイル的というか、細かい▽などの集積が多いです。次の展示は6/22〜28新宿高島屋で平場の個展です。

Posted by 鈴木 厚 on 2016年3月2日
テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag:陶磁器  comment:0 

最近の仕事です。

この頃の仕事です。青白磁の、絵付けです。絵付けと言っても、彫刻刀でレリーフ状に彫って行きます。元木彫家の自分は素焼きして多少硬くしてから彫ることが多いのですが、今回は普通に乾燥後、素焼き前に彫っています。やっぱり仕事の進みは多少早いのと、彫刻刀の摩耗がそれ程でもなく研ぎの回数は大分減ります。

Posted by 銀窯=陶芸家鈴木厚 on 2016年2月16日

Tag:陶磁器  comment:0 

石膏鉢を買った

中古の石膏鉢を買いました。これで、磁器土の削り屑を再生します。手順は、削り(水挽きしたものを半乾燥させ、轆轤上に逆さに据えて高台を削り出す作業)屑を水に入れて攪拌し泥にする。>細かい篩で漉してゴミとダマをとる>ポリバケツに入れて2〜3ヶ月ま...

Posted by 銀窯=陶芸家鈴木厚 on 2016年2月16日

Tag:陶磁器  comment:0 

29日日曜日最終日です。

明日29(日)でギャラリーマルヒ企画展 鈴木厚陶磁器展「啻ならぬ器ーただならぬうつわー」は終了します。朝11時から夜7時までです。
まだまだ、良い作品が多数有りますので、是非お気軽にお立ち寄り下さい。
旧作を20点近く補充しています。
住所: 〒113-0031 東京都文京区根津2-33-1
03−5832−9911
MARUHIアクセス
東京メトロ千代田線根津駅 根津交差点方面改札口より徒歩5分
東京メトロ千代田線千駄木駅 団子坂方面改札口より徒歩9分
ギャラリー・マルヒは根津の路地にある元質屋をリノベーションしたギャラリ―です。大正6年(1917年)に建造。和室六畳間に隣接された「座敷蔵」が特徴です。
FBページはMARUHIでアクセスして下さい。

出品の新作はこちら
いつも通りの、使いやすい普段使いの染付青磁の器も多数ご用意してお待ちしています。

まだ制作中で、なかなか撮影できないのですが撮影次第、アップ致します。ギャラリー・マルヒ企画展鈴木厚陶磁器展【啻ならぬ器ーただならぬうつわー】・2015年11月21日(土)ー29日(日)・入場無料・11:00ー19:00・会期中...

Posted by 銀窯=陶芸家鈴木厚 on 2015年11月15日


会場の様子はこちら

明日29(日)でギャラリーマルヒ企画展 鈴木厚陶磁器展「啻ならぬ器ーただならぬうつわー」は終了します。朝11時から夜7時までです。まだまだ、良い作品が多数有りますので、是非お気軽にお立ち寄り下さい。旧作を20点近く補充しています。住...

Posted by 鈴木 厚 on 2015年11月28日

Tag:陶磁器  comment:0 

鈴木厚陶磁器展【啻ならぬ器ーただならぬうつわー】出品予定新作

新作の写真です。
以下のリンクでご覧下さい。
>>>>

Tag:陶磁器  comment:0 

個展のお知らせです。

個展のお知らせです。
どうぞ皆さんご来場下さい。
新作の過激なもの、普段使いの染付、掻落、青白磁など、渾身の個展になると思います。
新作は、鋭意制作中ですが、出来上がり次第、アップ致します。

ギャラリー・マルヒ企画展
鈴木厚陶磁器展【啻ならぬ器ーただならぬうつわー】
・2015年11月21日(土)ー29日(日)
・入場無料
・11:00ー19:00
・会期中無休
Gallery MARUHI 113-0031 東京都文京区根津2-33-1
03-5832-9911

アクセス 東京メトロ千代田線根津駅、根津交差点方面改札口より徒歩7分
※駐車場のご用意はありません。
地図は下のはがきの画像か、下記のリンクでお調べください。
HP>>

壺、茶碗、湯吞、酒盃など普段使い器や、大作の壺などすべて一点ものの展示即売会となります。


スキャン 1 (1)
スキャン

Tag:陶磁器  comment:0 

みやぎ村田町蔵の陶器市

遅くなってしまったのですが、明日から宮城県村田町陶器市に参加します。
10月
16日(金) 午前10時~午後5時30分
17日(土) 午前10時~午後5時30分
18日(日) 午前10時~午後4時

詳細はこちらでどうぞ。

>>>>>>

いつもの、染付、青磁、掻落に加えて今回は上絵付けの新作も多少持って参ります。
こちらでご覧下さい。
>>>>>

DSC_9256 (1)
DSC_9252 (1)
DSC_9260 (1)
DSC_9269 (1)
DSC_9282 (1)
DSC_9202 (1)
DSC_9200.jpg
DSC_9165 (1)

Tag:陶磁器  comment:0 

ふるすロットルの上絵制作中その2

今回は少しおおぶりなもの。

上絵の絵付けを終えたところです。これから、低温(800度くらい)で焼成して絵の具を定着させます。何故上絵というかと言いますと、釉を掛けて本焼成して、釉の上に絵の具を定着させます。対して、染付などは本焼成前に釉掛け前に絵付けします。釉の下に絵の具が来るので下絵とも言います。



DSC_8836.jpg
DSC_8819.jpg
DSC_8839.jpg
DSC_8840.jpg
DSC_8842.jpg

径20cm未満の淺鉢を各方向から。このぐらい開くと、外側は絵が見えないので見込みに描くのが普通ですが、最近どういう訳か外側の方が割合上手く生きやすい感じがあるので外側。上部と下部の面の状態がまるで違うのが、飯碗や鉢などの外側で、描くと面白いです。
立体に描くというのは、キャンバスなどの平面とまるっきり違って、自分的には画家の感覚よりも立体を扱っている彫刻家の感覚に近いです。

DSC_8854.jpg
DSC_8853.jpg
DSC_8852.jpg
DSC_8851.jpg

湯吞を各方向から。ピチッと整理された絵や形が好きなのですが、上絵をやっている最近ではどういう訳か、あるところでエイッと表現主義的に荒くれて見せないとまとまりません。何とも落ち着かないですが、今はそうしないと却ってバランスが悪くなる感じがあってどうしようもないのです。上絵は色が豊富で自由がきくことと関係あるのだと思います。

Tag:陶磁器  comment:0 

フルスロットルの上絵制作中

一つ一つ、試行錯誤を重ねて、絵付けしています。完全一品ものです。
上絵付けと言って、釉薬を掛けて本焼成(1280度くらい)した磁器に描いて、低温(800度くらい)で焼き付けます。私のはヨーロッパ風に顔料の多い絵付けで油で溶いて描きます。このあと、少し整えて、余分な絵の具を拭き取ってから低温焼成(800度くらい)して出来上がり。


DSC_8727.jpg
DSC_8726.jpg
DSC_8728.jpg
DSC_8754.jpg
DSC_8753.jpg
DSC_8743.jpg
DSC_8739.jpg
DSC_8756.jpg
DSC_8761.jpg
DSC_8762.jpg
DSC_8763.jpg
DSC_8766.jpg
DSC_8768.jpg
DSC_8771.jpg
DSC_8776.jpg
DSC_8777.jpg

Tag:陶磁器  comment:0 

プロフィール

ぎんよう

Author:ぎんよう
彫刻家でもある鈴木厚が磁器を中心に器を制作しています。

我が家の掃除機の塵の放射性物質
Cs137:641Bq/kg(検出下限39.7)
Cs134:211Bq/kg(検出下限19.3)
Cs合計:852Bq/kg(検出下限58.0)
採取時期:2014/1月~2014/3月

月別アーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。